ひとてまい活用術

Posted 12月 4th, 2013 by 美容健康 and filed in 美容健康
コメントは受け付けていません。

ひとてまいはお米を炊くときに振りかけて一緒に炊きます。これだけで、普段不足うしている栄養素やヒアルロン酸やコラーゲンを摂取できます。

 

こんな簡単な使用方法のひとてまいは色々な料理に使用することができます。普段のカレーにひとてまいを振っても良いですし、ハンバーグに入れて捏ねてもいいですし、から揚げの粉にひと振りしてもいいと思います。もっと手軽にということであれば、普段の飲み物に入れても良いですね。でも、たまには手の込んだものに使用しても良いと思います。

 

おすすめはひとてまい手打ちパスタのカルボナーラです。もちろん手打ちです。ひとてまいが入っていますから栄養は言うまでもないと思います。

 

まず、卵2個、オリーブオイル小さじ2、ひとてまいひと振り、強力粉200gです。これで2人前の量になります。

 

作り方は、卵を割ってボウルにいれて混ぜます。そしてここへオリーブオイルを入れミックスします。大きなボウルを用意して強力粉とひとてまいを入れます。そして最初に作った卵液を少しずつ入れて捏ねていきます。捏ねる時間は20分でいいと思います。

 

生地がまとまったらラップに包んで、30分間常温で寝かせます。そして生地を打ちこを振った台の上に載せて広げていきます。きるので、くるくるときりやすい幅に巻きましょう。そしてたっぷりのお湯でゆでてください。

 

そしてソースですが、ブロックベーコン60g、玉ねぎ1/4、オリーブオイル大さじ1、卵黄2個、生クリームもしくは牛乳大さじ2、黒コショウ適量、パルメザンチーズ大さじ1が材料になります。

 

では、まずはベーコンをきっていきましょう。角切りにしますが、もしブロックベーコンがなく、薄切りの場合には細切りにしましょう。玉ねぎはみじん切りです。フライパンでまずは玉ねぎを炒めていきます。そして卵黄と生クリームと胡椒とチーズを入れます。日の通し過ぎには気をつけてください。卵が固まりすぎてしまうとおいしくないです。

 

ひとてまいパスタとソースをからめたら出来上がりです。ソースはパスタを茹でる前に作っておくと良いですね。

 

もちろんパスタだけではなく、パンやうどんなどにも入れても良いと思います。ひとてまいは味を変えないので、色々な料理に使うことができます。ドーナツや、ホットケーキなどのおやつに混ぜてもいいですね。子供のおやつには栄養満点ね最適ではないでしょうか?ぜひ試してみてください。

 

関連するページ

stomatitis

口内炎

こちらは関連するページです。
口内炎に関して、原因、治し方、予防法、市販薬を説明しています。10代~50代の男女1万人に実施した調査によると、過去1年間に口内炎になった割合は53%とのことですので、ほとんどの方に関係のある内容だと思います。
関心のある方はぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか。